【バンコク旅行必須】路線バス最強アプリ!!ViaBusの使い方解説

チェン

こんにちはチェンです!
バンコク旅行に便利なアプリ
「ViaBus」の紹介!

 

タイ旅行におすすめのアプリ「ViaBus」をご紹介します!

 

先日こんなツイートをしました

 

バンコク好き返上しないといけない疑惑😇笑

バンコク市内を走り回ってるバスは
在住者御用達の交通手段

 

観光客には難しいですが、
使いこなせばBTSやMRTでは
行けない場所へ行けますし、
交通費も節約できます。

 

でも、タイのバスは一言で表すと
「ややこしい。」んです。

 

それもそのはず。バンコクの路線バスは
とても複雑で、慣れるまで大変です。

 

複雑な理由…


バスにはルートごとに番号が振り分けられていて、どれがどこに行くか分かりにくい。
・その番号も200前後あって複雑。
・行き先はタイ語表記がほとんど。
時刻表もないので、いつ来るかもわからない

こういった理由から観光客にはハードルが高かったですね。

 

そのややこしさを解消し、
バンコク旅行をグッと便利にしてくれるのが、
今回レビューする「ViaBus」という路線バスアプリです!

 

無料でダウンロードできますので、使い方をマスターし、快適で充実したバンコク旅行にしましょう🙂

 

ダウンロードはこちらから

ViaBus

ViaBus

無料posted withアプリーチ

タイ旅行おすすめバスアプリ「ViaBus」

結論。ダウンロード必須です。

バンコクでバスを使えると
行ける範囲や観光の幅がグッと広がります。

 

使い方もスマホを利用している方なら、
直感的に分かるように作られています。

 

実際バンコクでバスを利用していなかった僕が、
このアプリを実際に利用し、
タリンチャン水上マーケット」に行ってみました。

少し時間はかかりましたが、迷うことなく、
簡単にたどり着けました!感動。笑

 

ViaBusを使ってみた感想

 

良かった点


見やすい!使いやすい!分かりやすい!

現在地目的のバスの位置まで分かる(GPS搭載車のみ)

バス停の系統、止まるバスの詳細(エアコン車など)も分かる

 

気になった点

バスの現在地はあくまでも目安。正確ではなかった。

現状、運賃や到着時間の目安などは搭載されていない。

一度ホーム画面に戻ると再度目的地などの入力は必要
⇨改善済。

個人的に、ホーム画面に戻ったり、
画面オフになると、再度目的地を
入れ直しという部分が不便でした😔
2020年2月14日時点で、この不具合は発生しませんでした。

バスアプリ:ViaBusの使い方

まずはダウンロード

iPhoneの方は「App store」から。
Androidの方は「Play Store」からダウンロードしましょう。
料金は無料です。

ViaBus

ViaBus

無料posted withアプリーチ

 

Via Bus画面の見方

アプリを開くと、このような画面が表示されます。

 

僕は記事作成時に日本にいたので、現在地は表示されていませんが、タイにいれば、現在地周辺が表示されます!

 

バスのマークはバス停で、吹き出しのような形(マップ上では【R26E】と書かれたもの)をしているのは路線バスの現在地です。

 

地図はGoogle マップなので、
馴染みもあって見やすいですね✨

 

 

まずは画面一番上部にある【Where to?】を選択して、目的地入力画面を開きます

 

 

 

 

Get Directions(道順・行き方)の画面が開きます。
Fromに乗車するバス停
Toに目的地を入力しましょう。

 

デフォルトではFromのバス停は自動的に現在地近くのバス停に設置されています。乗車バス停を変更したい場合は必要に応じて変更してください。

 

また画像の「Choose on Map(地図から直接選択)」を選択すれば、マップ上から直接バス停を選ぶことができます。

バス停の名前がわからない場合はこちらを活用してください🙂

 

乗車地と目的地を入力

今回は【サイアム駅からチャトゥチャック市場】への行き方を例にあげて解説します。

 

 

Fromに「BTS Siam」
Toに「Chatuchak Market」を入力し、
候補から目的地のバス停を選びます。

 

入力すると。候補ルートが出ます。
画面上の「Fastest」が最短ルートで、
「A/C Only」がエアコン搭載車のみで行くルートです。

 

この場合の見方は
【16番】のバスに乗り、
途中【Y70E番】のバスに乗り換えます。
51個のバス停を通ります。
今回はどちらを選んでも同じバスなので、
「Fastest(最短ルート)」を選びます。

 

 

 

選択後このような画面になります。
バス停名や乗り換えの停留所名が書かれています。

 

また画面上のマップに記されているのは、
バスが走るルートです。

バスのマークは「ここで違うバスに乗り換える」マーク、■マークが目的地のバス停です。

 

画面通り、現在地のサイアム駅から徒歩で「Siam Square(サイアムスクエア)」バス停に向かいます。

※バス停に到着したら、念のため【16番】のバスが止まるかを表示で確認してください。バンコクのバス表示にはこのように、止まるバスの番号が書かれています。この番号以外は止まらないので注意。
Bangkok public bus stop

 

「Siam Square」バス停から【16番】で
「Mochit 2(モーチット2)」まで向かいます。
44駅後です😌

 

降りるバス停名が分からなくても、地図には現在地と降りる位置が表示されるので、乗り換え駅が近づいてきたら、降りる準備をしておきましょう。

 

乗り換え駅が
Front Mochit 2 Intercity Van Terminal(Stop1)」
次に向かうのが115m先の
Front Mochit 2 Intercity Van Terminal(Stop2)」です。

 

「Front Mochit 2 Intercity Van Terminal(Stop2)」から【Y70E】のバスに乗り、5駅目の「Chatuchak Market(Gate1)」で降りましょう😌

 

ややこしい場合はMapを見ながら移動しましょう。

 

上のように、乗り換え後に、徒歩で移動する必要がある場合もありますのでご注意を。

 

このようにアプリを使えば、簡単にバスを利用できます。目的地と乗車地を変更すれば、上記と同じ要領で利用できますので、参考にしてみてください。

 

注意点はバス停名で検索する必要があるため、観光地名などでは出てこないことも。

その場合は最寄りのバス停をググるか、地図から直接選択してください

 

Via Busの便利な機能

バスの現在地が分かる

GPS搭載のバスに限りますが、近くに走っているバスの現在地を見ることができます。

 

このアプリではバス到着時間までは分かりませんが、この機能で自分が乗るバスが「今どこにいるのか」という大体の目安は分かります。

画像内の【R26E】と書かれた吹き出しのようなマークはGPS搭載バスの現在地です。

また、走っているバスをタップすれば、ナンバーの番号や車椅子スペースの有無などの詳細情報を確認することもできます。

停車するバスが分かる

このように地図上では多くのバス停が点在しています。

地図上のバス停をタップすれば、そのバス停に何番のバスが停車するのかを確認することができます。

タップしたバス停をそのまま乗車場所や目的地に設定することも可能です。

 

バスアプリVia Bus:まとめ

複雑なバンコクの路線バスも使いこなせれば、行動範囲が広がり、費用の節約にもつながります😌

 

今までバスといえば、観光客にとって難易度の高い交通手段でしたが、「ViaBus」アプリの登場でその難易度がかなり下がりました。

 

バスを利用する方は必ずダウンロードしておくべきアプリでしょう。

 

いいバンコク旅行を😁

 

各種SNSでも情報発信してますので是非フォローお待ちしてます😄
Twitter(@chen_traveller
Instagram(@chen_traveller

 

合わせて読みたい

タイ旅行でチップが必要な場所・相場を解説します。【バンコク】

今さら聞けない!?タクシー配車アプリ『Grab』の使い方