今、観光でタイに行くためのおすすめの方法を3つ紹介します!

チェン
こんにちは! 海外情報を発信してます。 チェン(@chen_traveller)です!

2021年3月現在、実はタイは観光目的の入国が可能です。SNSを見ているとじわじわとタイに入ってる方が増えてきています。

 

もちろん観光目的の入国が【実質】可能なだけで、観光客が「2泊3日で弾丸旅行だー!」というわけにはいきません。残念ですが…。

 

理由は、今タイに入ると2週間(15泊16日)の強制隔離があります。また現在、日本に帰ってからも2週間の自主隔離があるので。合計1ヶ月は隔離に充てることに…^^;

 

そこで私が考える、今タイに行ける方は

 

  • 働く時間、場所が自由に選べる方
  • 学生やフリーター、リタイヤした人など時間に余裕がある方

 

だと思います。まとまった休みが取れない会社員の方には少々ハードルが高いのが本音。

 

しかし逆を言えば、お金と時間に余裕がある方や・働く場所を選ばないフリーランスの方などは、条件さえ合えばタイに入国することは可能なのです!

 

また、最近Twitterで「今タイに行くにはどんな方法・どんなビザが必要ですか?」と質問をよくいただきます。

その点も踏まえて、今回は実際に観光客としてタイに入国した私が、観光目的でタイに入国するための方法を紹介します!

 

今回は私のような一般的な観光客がタイに入国する方法を想定して説明します。そのため、ボランティアビザ、ビジネス、扶養家族、エリートビザ…などなどは解説していません。あらかじめご了承ください。

 

※この記事は2021年3月の内容です。

今タイに行く3つの方法(観光客向け)

thailand sigtseeing

 

結論から話しますと観光目的で入国するには、

・ノービザ

・観光ビザ

・特別観光ビザ

の3つがおすすめです。

 

ちなみに私は観光ビザ(TR)で入国しました!

 

1つずつ解説していきます。

 

観光目的での入国①ノービザ

現在、日本はビザ免除対象国なので、タイにはノービザ(ビザ申請無し)で入国することが可能です。

 

ただ現在タイは、入国制限措置を取っています。ビザは必要ないですが、入国許可証(COE: Certificate of Entry)の取得は必須ですのでご注意を。

 

2021年1月よりオンラインでのCOE申請が可能になったので、大使館に行く必要がなくなり、申請のハードルが下がりました。

 

滞在日数

滞在可能日数は30日間。

ですが、観光ビザ免除で入国する場合、2021年9月30日までは、45日間の滞在が認められます。(隔離期間があるため)

 

必要条件

入国時に必要な主な条件。

  • パスポート残存期間6ヶ月以上
  • 10,000バーツ以上の現金所持
  • 45日以内に出国が確認できること(片道航空券不可)
  • COEの取得 など(大使館HP参照)

 

費用

入国申請にかかる費用などはありません。

隔離施設代などは他ビザと同様に必要です。

 

その他条件、COE申請方法など詳しい情報は大使館HPをご覧ください。

 

ノービザ入国で観光ビザ延長は非現実的

私は当初ノービザで入国し、現地で観光ビザ延長の申請しようと計画していました。(ビザ諸々手続きが面倒だったため)

 

しかし大使館に聞いたところ「こちらでは分からない。通常は可能です。しかし、できるかもしれないし、できないかもしれない。判断は現地当局が行う」とのことでした。要は行かないと分からないということでした。多分コロナの感染状況も関係してそう・・・。

不安だったので、私は観光ビザを申請することに決めました。観光ビザなら安心して60日滞在可能かつ、延長もできるので安心です。

 

ただし入国前に45日以上の滞在を予定しているのであれば、観光ビザの申請が必要になります。ご注意ください。

観光目的での入国②観光ビザ(TR)

visa

観光ビザを申請すれば、60日の滞在(延長すれば最大90日)が可能です。

 

この方法で入国するには、領事館でのビザ申請やCOE申請が必要になります。

 

滞在日数

観光ビザ(TR)の滞在可能日数は60日間です。このビザは、入国後、1度のみタイ入国管理局で30日の滞在延長申請が可能です。ですので合計90日間の滞在が可能なビザになっています。

 

ちなみにノービザみたく、隔離期間の日数は考慮されません。隔離期間抜きで考えると、実質45日間(延長すれば75日間)ですので注意しましょう。

 

必要条件

タイでの就労は禁止。

また各種書類の準備が必要です。詳しい内容は以下の記事で解説していますのでご確認ください。

 

必要書類

チェン こんにちは! 海外情報を発信してます。 チェン(@chen_traveller)です!   今回、観光ビザ(60日)を使ってタイに入国したので、そのために必要だった申請書類や必要書類などを解説しま[…]

タイ 申請書類
入国までの流れ

チェン こんにちは! 海外情報を発信してます。 チェン(@chen_traveller)です!   観光での入国が解禁されたタイに観光ビザで入国しました! その際に、私が踏んだタイ入国までの手順・流[…]

thailand

 

費用

観光ビザの申請費用は4,500円です。

 

 

観光目的での入国③特別観光ビザ

特別観光ビザ(STV:Special Tourist VISA)は、コロナで打撃を受けている観光業を立て直すためにタイ王国が新たに導入したビザです。

 

このビザの特徴は最大270日の滞在が可能なことです。ただこれを使って入国している日本人の方をまだ見ていません。笑

 

ちなみに、元々富裕層向け(特に中国人)に作られたビザのようです。

 

滞在日数

入国日から90日の滞在が可能。入国後、タイ入国管理局で2回の滞在延長申請が可能。(最大270日)

 

必要条件

犯罪歴がないことや150万円以上の残高証明が必要など、各種条件が設けられています。

詳しい内容はこちらの大使館HPを参照ください。

 

費用

ビザ申請費用は9,000円

 

私の選択肢にはなかった

このビザの発表当初は、「このビザ使って渡航しよう!」と意気込んでいましたが、蓋をあけてみると条件の厳しさや面倒くささから、私の選択肢から外れました。残念…。

 

タイに物件持ってる方とか270日働かなくても貯蓄ある方だったら、とてもいいビザですよね〜。羨ましいです。笑

 

今タイに行く3つの方法:まとめ

タイ 入国

以上の、ノービザ、観光ビザ、STVの3つが、観光目的で入国する主な方法でした!

 

30日以内で帰ってくる方ならノービザ。「2ヶ月くらいは滞在したいなあ」と考えてる方は観光ビザ。長期的な観光ならSTV。

 

早く自由に観光できる日が1日でも早くくることを願っています。

 

もし、観光ビザ(TR)やCOEなど入国に関して分からないことがあったら、ぜひ聞いてください!答えられなかったらすみません…。

 

質問がある方はTwitterへどうぞ!→URLはこちらから

 

必要書類

チェン こんにちは! 海外情報を発信してます。 チェン(@chen_traveller)です!   今回、観光ビザ(60日)を使ってタイに入国したので、そのために必要だった申請書類や必要書類などを解説しま[…]

タイ 申請書類
入国まで

チェン こんにちは! 海外情報を発信してます。 チェン(@chen_traveller)です!   観光での入国が解禁されたタイに観光ビザで入国しました! その際に、私が踏んだタイ入国までの手順・流[…]

thailand
実際かかった費用

チェン こんにちは! 海外情報を発信してます。 チェン(@chen_traveller)です!   私は観光目的での入国が可能になったタイへ入国しました!   現在タイでは、入国後の[…]

おすすめ