サムヤンミッドタウン施設ガイド!店舗や施設内を紹介します【画像62枚】

チェン
こんにちは! 海外情報を発信してます。
チェン(@chen_traveller)です!
・サムヤンミッドタウン内の紹介
・サムヤンミッドタウンへの行き方
・深夜営業店舗について

 

2019年9月にサムヤンエリアに新しくオープンした商業施設「サムヤンミッドタウン」を紹介します!

 

サムヤンミッドタウンは、シーロムエリアに新しくオープンした巨大商業施設です。

オープンして半年以上が経ちますが、連日多くの人で賑わいます。

 

 

この施設の大きな特徴が、24時間営業(※24時間営業は一部店舗のみ

また、駅から地下通路で繋がっているためアクセス抜群

 

そんな最新商業施設サムヤンミッドタウンを2日かけて回ってきたので、徹底解剖します!!

 

↓目次より各項目へジャンプできます。

サムヤンミッドタウン(SAMYAN MITRTOWN)

サムヤーンミッドタウン

サムヤンミッドタウン(SAMYAN MITRTOWN)は、バンコクのサムヤンエリアに2019年オープンした大型複合商業施設です。

 

MRTサムヤーン駅直結でアクセスしやすく、24時間営業の最新施設。

スーパーから飲食店、カフェ、コワーキングスペースなど、様々な店舗があります。

近くに大学があり、若者を意識したお店が多い場所になってます🙂

サムヤンミッドタウン内

新しさが漂うモール内は、買い物や飲食にぴったりの場所です。

近くにタイの東大と言われる「チュラロンコン大学」があり、若者がとても多いです。

そのためか、施設内には流行りのお店や、若者をターゲットにしたお店が多い印象です。

 

サムヤンミッドタウンは大きく分けて【24時間ゾーン】と【それ以外】に分かれています。今回ごちゃ混ぜで紹介しているので、深夜営業してる店のみを知りたい方は記事後半に載せてありますので、そちらをご確認ください。
samyanmitrtown-inside
吹き抜けのこちらではイベントなどが開かれます

 

そんなサムヤンミッドタウンの中をフロアごとに分けて紹介します!

地下1F

MRTサムヤーン駅から地下通路でサムヤンミッドタウンへ入れば、地下1Fにつながっています。

B1ゾーンは主にカフェや飲食店が多く並ぶエリアです。

 

 

サムヤーンミッドタウン

屋台で売っている食べ物も売っていたので、屋台の衛生面が心配な方はこちらで楽しむといいですね!

 

サムヤンミッドタウン

日本で大人気のタピオカは、タイでも大人気です。

こちらの「KOI The」は、一般的な黒のタピオカではなく、金色のタピオカを使ったミルクティーが人気。光を当てると、光ると光らないとか…

 

 

samyanmitrtown

ChaTraMue」のお店。こちらはお土産の定番なので、知ってる方も多いはず。

 

 

サムヤンミッドタウン ダイソー

サムヤンミッドタウン レストラン

サムヤンミッドタウン レストラン

サミウヤんミッドタウン レストラン

日本人に馴染みのお店も多く並びます。

タイで日本食が恋しくなった時も安心のラインナップです。笑

余談ですが、ダイソーはタイでは100円均一ではないんです。日本人からすれば驚きですね。

 

 

サムヤンミッドタウン レストラン

サムヤンミッドタウン レストラン

韓国料理やタイおなじみのチキンなども。

様々な料理の選択肢があり、目移りしました^^

 

サムヤンミッドタウン カフェ

タイの大人気チェーン店「カフェアマゾン

店内にはコンセントもあったので、パソコン作業も可能です。

 

サムヤンミッドタウン BIGC

バラマキ土産の大定番「Big C

ショッピングついでに、ここビッグCで日本へのお土産を買うこともできます。24時間なので、帰国前日の夜に買いにいくなんてことも可能ですね!

 

他にも飲食店や銀行などが多く並んでいます。

 

バンコク最大の無印があるG フロア(地上階・1F)

サムヤンミッドタウン バンコク
Gフロアのメイン通路

1Fにあたるこのフロアには書店や雑貨店、カフェなどが多く並びます。

 

 

サムヤンミッドタウン 本屋
サムヤンミッドタウン 書店

こちらはタイ初となる24時間営業の書店。

タイ語や英語の本だけでなく、日本の本や漫画も販売されています。店内はとてもおしゃれで、見るだけでも楽しめます。

売り場は2フロアあり、2Fには座るスペースも用意されています。

 

 

サムヤンミッドタウン 無印

日本人にはおなじみの無印良品。

サムヤンミッドタウンにオープンした無印良品はバンコク最大で話題に!

日本でもなかなかない大きさなので、一度訪れる価値はあります!

 

サムヤンミッドタウン スタバ

サムヤンミッドタウン「スターバックス」。

GFと1Fの2階建てになっています。

座席数が多いので、席の確保もしやすいため、ノマド利用にもおすすめ!しかし、週末や学生のテスト期間などは利用客が増えるので注意が必要です。

 

 スタバの他にもKFC(ケンタッキー)やThe Coffee ClubなどのカフェがGフロアにあります。
サムヤンミッドタウン 観光
タコベル」や「Din's(中華料理)」などの飲食チェーンも一部並びます。
デザートの定番「Swensens」もあるので、甘党にはたまりません。

1F

1Fのフロアは日本でいう2Fにあたります。

こちらにはレストランやカフェの他に、ファッションやホーム用品、生活用品のお店があります。

 

サムヤンミッドタウン 24時間

おしゃれなインテリア雑貨などが揃う「Cheap Cheap

 

 

サムヤン マツモトキヨシ

マツモトキヨシ」や「ユニクロ」などがあります。

無印もそうですが、多くの日本企業がタイ進出しているのが分かりますね!

 

 

サムヤンミッドタウン

日本の「アウトレットモール」のような作りでお店が並びます。

 

 

サムヤンミッドタウン タピオカ

1Fにもタピオカのお店があります。

こちらは黒糖ミルクのタピオカのお店。黒いタピオカが飲みたい方はこちらへどうぞ!

 

 

サムヤン ミッドタウン

こちらは、海外でよく見る「メイソー」英語だと「Miniso

ダイソー+ユニクロ+無印=のようなお店です。笑

店内は可愛いプチプラ商品が多く売っています。女性の方へのお土産にもぴったりですね。

 

 

サムヤンミッドタウン 買い物

サムヤンミッドタウン 雑貨

サムヤンミッドタウン マーベル

サムヤンミッドタウン メイソウ

サムヤンミッドタウン プチプラ

サムヤンミッドタウン ショッピング

サムヤンミッドタウン メイソー

サムヤンミッドタウン ミニソウ

 

私が訪れた時は「マーベルコラボ」がやっていました!

マーベルファンにはたまらないラインナップです。

 

メイソウは、日本では「パクリだ」と言われています。しかし店内には日本語もあり、タイの人たちは日本のチェーン店だと思っています。余談です。笑

 

2F

2Fは暮らしのサービスや生活用品を主に扱うフロアになっています。

フィットネスジムやネイルサロンなどもあります。

 

こちらのフロアは、観光客よりは、タイ人や現地在住者向けのフロアだと感じました。

サムヤンミッドタウン バンコク

タイのホームセンター「Home Pro S

 

サムヤンミッドタウン タイ

電子機器やガジェットを扱う「WK

 

観光客にはあまり関係はありませんが、フィットネス施設の「Celebrity Fitness

 

他には、歯医者や美容クリニック、美容院があります。また、外国人でも無料で利用できる24時間営業のコワーキングスペースもあります。

 

3F

3Fフロアも、観光客よりは現地の人向けの施設が揃います。

ただこのフロアには、タイの長距離バスを利用したことある方なら聞いたことがある「Thai Ticket Major」の窓口があります。

その他に、ボクシングスクールやダンススタジオ、整骨院、塾などがあります。

 

日本のマンガ「ワンピース」のグッズを扱う「麦わらストア バンコク」もあり、海外でルフィを見ることも可能です🙂

 

サムヤンミッドタウン バンコク

長距離バスのチケットを扱う「THAI TICKET MAJOR」の窓口

オンラインで完結する方がほとんどだと思いますが、何かトラブルがあった方や、オンライン決済が分からない方は、こちらへ来ると直接聞くことができるので、覚えておくと便利だと思います!

 

4F

サムヤンミッドタウン レストラン

4Fはレストランが多く並ぶフロアです。

タイ料理から日本料理まで、様々なジャンルの料理が揃うので、あなたの食べたいものがきっと見つかるでしょう。

タイスキが名物の「MK SUKI」や、イサーン料理が楽しめる「Tummour」はこのフロアにあります。

 

タイに来たことある方なら、一度は必ずお世話になるフードコートもこちらにあります。

サムヤンミッドタウンのフードコート

サムヤンミッドタウン フードコート

サムヤンミッドタウンの4Fにフードコート「Samyan Food Legends By MBK」があります。

ヤワラートやサパーン地区などの老舗料理店が集められているそう。

 

値段も一般的なフードコートと遜色なく、メニューも豊富です。

新しくオープンした施設なので、清潔感もあり、衛生面も安心です!😄

 

 

サムヤンミッドタウン フードコート

商品の購入は、他ショッピングモールのフードコートと同じ方式で、専用のカードを使います。

 

サムヤンミッドタウン フードコート

こちらのカウンターで必要な金額を渡して入金してもらいましょう。

また、こちらでは「Rabbit Card」や「Rabbit LINE Pay」も利用可能です。

 

サムヤンミッドタウン フードコート

サムヤンミッドタウン フードコート

サムヤンミッドタウン フードコート

サムヤンミッドタウン フードコート

サムヤンミッドタウン フードコート

サムヤンミッドタウン フードコート

サムヤンミッドタウン フードコート

サムヤンミッドタウン フードコート

様々な料理が安価で食べれるので、きっと迷うことでしょう。

 

サムヤンミッドタウン フードコート

こちらを注文しました。大好物です。

 

サムヤンミッドタウン フードコート

客席の雰囲気。

新しいので、綺麗です。

 

サムヤンミッドタウン フードコート

また、テラス席もあり、バンコクの風に当たりながら食事が可能です。

 

安い・早い・うまいのフードコートを是非味わってみてください。

 

5F

5Fは特に観光客が利用できるような施設はありません。

あるのは、セミナーなどが行われる大きいホールと、映画館です。

サムヤンミッドタウン バンコク
おしゃれな見た目の映画館「House Samyan

 

 サムヤンミッドタウンでは夜景が見れる

5Fはお店はほとんどありませんが、サムヤンの街を一望できるテラスが用意されています。

もし夕方から夜にかけて訪れるのであれば、是非訪れて欲しいスポットです。

 

サムヤンミッドタウン タイ

 

サムヤンミッドタウン 屋上

バンコクの街を眺めれるテラスがあるので、買い物に疲れたら屋上に来て休憩できます。風が気持ちいい〜

 

サムヤンミッドタウン 夜景

サムヤンミッドタウン 夜景

サムヤンミッドタウン 夜景

日が暮れるとこのように絶好の夜景スポットに。

地上ではうるさく、忙しない交通量が、ここでは幻想的に映ります。

友達や恋人と一緒に立ち寄って見てください😄

 

サムヤーンミッドタウン基本情報

名称 Samyan Mitrtown(サムヤーンミッドタウン)
営業時間 毎日10:00〜22:00(24時間営業エリアあり)
アクセス MRTサムヤーン駅から地下で直結
公式HP 公式サイトリンク
場所 Googleマップで確認

サムヤンミッドタウンへの行き方

MRTサムヤン駅直結ですので、アクセスは簡単です。

 

サムヤンミッドタウン 行き方

MRTサムヤン駅の【2番出口】横にサムヤンミッドタウン直結の通路があります。

画像右側が【2番出口】左側の看板にも示されている通路が、サムヤンミッドタウンに直結している通路です。

そこを道なりに進めば到着します。

 

またサムヤン駅からミッドタウンに繋がる通路は、写真スポットにもなっています!

サムヤンミッドタウン アクセス

コンクリート剥き出しの壁と独特な雰囲気から、ここに訪れる観光客・タイの学生たちの撮影場所として人気です。

 

サムヤンミッドタウン アクセス

通路をしばらく行くと、サムヤンミッドタウンの入り口が出てきます。

 

深夜(22時以降)はこちらの地下通路は閉鎖されます。

 

深夜に行く方は地上に出て、メインエントランスから入場しましょう。

24時間営業している店舗

以下、公式HP情報です。


 

【カフェ・デザート】

  • アマゾンカフェ
  • スターバックス
  • SWENSENS(アイス・パフェのお店)

 

【レストラン・フード】

  • A RAMEN(ラーメン)
  • KFC(ケンタッキー)
  • PRANAKORN NOODLE(タイヌードル)
  • SHABUSHI BUFFET(タイスキ)

 

【本・雑貨・グッズ類など】

  • MINISO(雑貨・プチプラ)
  • C ASEAN(本屋)

 

【スーパーマーケット・コンビニ】

  • ビッグC(スーパー)
  • セブンイレブン

 

【その他】

  • CELEBRITY FITNESS(ジム)
  • KERRY EXPRESS(宅配サービス)
  • SAMYAN CO-OP(コワーキングスペース)
  • SCB EXPRESS(銀行、ATM)

 

 

サムヤーンミッドタウン感想:まとめ

バンコクでは深夜に営業している施設は少ないので、目新しさがありました!

夜景も楽しめるので、文字通り24時間楽しむこともできます。笑

24時間営業のカフェで深夜の勉強やPC作業も可能ですね!

 

同じ巨大商業施設のターミナル21と比べてみると、ターミナル21は観光客向きで、サムヤンミッドタウンはタイ経験者や現地在住者におすすめなのかなと感じました。

まだアイコンサイアムやターミナル21に比べると、観光客は少ない印象。。。

 

これからきっと流行る!(かも)なので次のバンコク旅行で是非訪れてみてください!

 

以上、サムヤンミッドタウンリポでした!

 

各種SNSでも情報発信してますので是非フォローお待ちしてます😄
Twitter(@chen_traveller
Instagram(@chen_traveller

 

合わせて読みたい

今さら聞けない!?タクシー配車アプリ『Grab』の使い方