こんな手口が…!海外旅行でのスリ対策・グッズを紹介します。

 
チェン
こんにちは! 海外情報を発信してます。 チェン(@chen_traveller)です!

 

・海外はスリが多い? ・対策はしたほうがいい? ・スリを防ぎたい
 
こんな不安を解消する記事を書きました!

  海外の見知らぬ土地へ初めて行く時や、初めて海外旅行に行く方にとっては、犯罪に巻き込まれないか心配ですよね。   海外で旅行客が遭う被害で多いのが「スリ」   「気をつけていれば大丈夫」 「取られそうになっても気付く」 こう思いがちですが、相手がプロのスリ師だと こうはいきません😅 油断していると痛い目に…   でも海外旅行に慣れてない方は、どうすればいいのか、またどんな被害があるかは分からないですよね。   ちなみに僕は海外渡航歴30回以上ですが、一度もスリの被害には遭ったことありません!🙂 (現金強盗に一度だけ遭いましたが。笑)     そんな僕が、少しでもスリの被害に遭う確率を減らすために、スリの手口予防方法スリ対策におすすめグッズを紹介します!    

スリの手口を紹介 スリを防ぐための対策 スリに防ぐためのグッズを紹介 の3本構成となっています

 

海外旅行でスリ対策はする?:結論

結論から話すと、スリ対策は必須です 必ずしてください。   日本では街中で歩いていても スリに遭うことは滅多にありません。   しかし海外ではスリのような軽犯罪は、頻繁に起こる犯罪の一つです。 (特にヨーロッパはスリが多いことで有名)   せっかくの旅行なのに、大事な財布や、思い出の入ったスマホが盗まれたら、気分は落ちるし、ショックですよね😭   そうならないためにも、出来る限りの対策をして、安心できる海外旅行にしましょう!

海外旅行で起こるスリの手口

スリ 手口

スリの手口を知っておく

  • すれ違う時に
  • 体がぶつかった拍子に
  • 気づかぬ間に(着座時、後ろから)
  • 他のことに気を取られている間に
  • 道を聞いてくるフリをして
  • 集団スリ集団
  • etc...

  このようにスリには様々な手口があります。   気を抜いた瞬間に持っていかれる。 それがスリです。 気をつけていてもほんの一瞬気が緩んだ隙を突かれて、盗まれます。   特に近年、集団での犯行が増えてきていて、手口も巧妙になっています。   スリの手口を知っておくことは、有効な防止策。 しっかりと手口を知っておくことが大切です。  

スリの手口の一例

例えばスリの被害にはこんなものがあります。  

(1)メトロ(地下鉄)内や観光地におけるスリ被害 パリ市内はメトロが発達しており,移動手段として利便性も高く,多くの日本人観光客が利用していますが,車内や駅構内でのスリ被害が多発しています。 [犯行手口] ア 地下鉄に乗車中,数人の若い女性に取り囲まれ,ハンドバッグの中から貴重品を盗み取られ,犯人は犯行完了後,次の停車駅で電車の扉が閉じる直前に降車し逃げられる。または,混雑した地下鉄車内で,気がつかないうちにバッグの中から財布等の貴重品が盗まれる。 イ 凱旋門やルーブル美術館など観光地付近で数人のグループから囲まれながら署名を求められ,振り払って離れたが,気づいたときにはバッグの中の貴重品が盗まれている。 ウ 路上や地下鉄駅ホームなどで「背中が汚れているので,上着を脱いだ方がよい。」と指摘され,その汚れを拭いているすきに,足下に置いたバッグを盗られる。 エ RERのB線などで,わざとコインを撒き散らして注意を引きつけ,コイン拾いを手伝っているうちに荷物を持ち去られる。 引用:外務省 海外安全ホームページより (URL: https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure_170.html

  このようにただ盗まれるだけでなく、囲まれたり、注意を引きつけるなど、巧妙な手口になっています。  

スリに遭わないための対策

スリ 対策   では、スリを防ぐためにはどうすればいいのか? 旅行中にできる対策を紹介します。

海外旅行でのスリ防止対策

海外旅行中にできるスリの対策例はこちら。

①カバンは前に持つ ②ハイブランドは控える ③荷物から目を離さない ④リュックに鍵をつける ⑤ポケットに物を入れない貴重品を1つにしない。まとめない ⑦自分の体から物を離さない ⑧常に周囲に目を配る

  常に警戒心を忘れない、荷物から目を離さないことで、スリを未然に防ぎましょう!

緊急時の連絡先を調べておこう

スリの対策も大事ですが、スリに遭ってしまった時のために、緊急連絡先を念のため控えておきましょう。  

旅行前にやっておきたいこと各種緊急連絡先を調べる日本大使館の場所を調べておく

 

①各種緊急連絡先を調べる

各種緊急連絡先

  • クレジットカード会社
  • 携帯会社
  • 海外旅行保険会社

これらを手書きでメモしておくのがおすすめです。 万が一に備え、携帯のメモにも入れておくとより安全です。 控えておけば、盗まれてから、どうすればいいか分からないという最悪の状況を防げます。   特にクレジットカードは、早めに停止しておかないと、不正利用されてしまいます。  

ワンポイントアドバイス】 ・メモは盗まれにくいガイドブックや手帳に挟む or 書いておく ・携帯のメモはクラウドに保存し、他のデバイスからも見れるようにする。
 

②日本大使館の場所を調べておく

旅先の日本大使館の場所 スリだけじゃなく犯罪にあった時や、パスポートを無くした時は、現地の日本大使館に行きましょう。 そのため住所などは事前に調べておくと、何かあったときに役立ちます。

海外旅行でのスリ防止グッズ

スリ 対策 スリに遭わないために役立つグッズを紹介します!   ただ、1つ覚えておいてもらいたいのが、どんなグッズで対策しても、どんなに注意していても、スリの可能性は0%にはなりません…。 グッズで対策したからといって、「もうスリには遭わない」なんて思い込まないようにしましょう!

南京錠

スリ対策の定番、南京錠。   リュックを勝手に開けられるのを防いだり視覚的に対策をしていることを訴えることのできる代物。 最低一つは持っておくのがおすすめです!   また、購入するならダイヤルロックがおすすめです。 鍵式は無くしてしまう可能性があります。   リュックだとポテチ開けできてしまうので、100%防ぐというわけにはいかないですが、鍵をしていないよりは多少防犯できます。   こんな感じのダイヤルロックがおすすめです。 カバンだけでなく、ゲストハウスでのロッカーの施錠なんかに役立ったりもします。

2個セットTSAロック 南京錠4桁ダイヤルロック+ワイヤー 4桁式TSAロック南京錠とワイヤーパーツのセット
  実際に僕が使っているのが、こちら。 複数持っておくと便利なので、この複数セットで色んなところに活用しています。 僕は旅行中に一つ紛失しましたが、予備があったおかげで助かりました。 ダイヤルなので、鍵の管理がいらないのがとても便利!  

サブの財布

旅行にはいくつ財布を持って行きますか?   おすすめは2つです。   メインとは別に1つ持っておきましょう。  

財布を2つ持つメリット盗難のリスクを分散紛失した時の保険として

  サブの財布に少額を入れておき、旅行中はそれを使うようにします。 もしそれが盗まれてもメインは助かり、リスクの分散に!   もう一つの方法として、1つサブ財布を持っておき、そちらに予備のお金やカードを入れておく。 そうすることで、万が一メインが盗難にあっても、一文無しということは防げますので紛失時の保険にもなります! サブの財布は100均などで売っているものや昔使ってて今は使わない財布など、盗まれてもいいものをサブ財布にしましょう! 実際に僕が使っているのサブの財布。 有名なバックパックブランドの「カリマー」 軽くて、丈夫なのにお手頃価格です。

フィールドで最低限必要なお金やカードの携行に便利な財布です

セキュリティポーチ

防犯ポーチ  

セキュリティポーチとは? クレジットや現金、パスポートなど、貴重品を服の下や腰に着けて、肌見離さず持っておけるもの

  見せないことはスリ対策で最も有効。   パスポート、予備のクレジットなど、大事なものはセキュリティポーチに入れ、首からかけたり、腰に着けたりして服の中に入れます。   こうすることで、「気づかぬ間に取られた!」なんてことは、防ぐことができます。   ウエストタイプ型と首掛け型がありますが、 頻繁に出し入れ予定ならウエスト型 出し入れしないのであれば首掛け型 がおすすめです!   【見せない&取れない】は究極の対策。 備えあれば憂いなしです。  

 ※注意点 セキュリティポーチは露出してしまうと 「この中には大事なものが詰まってます!」 というサインになってしまうので、極力露出は控えるのがおすすめです。
 

ウエスト型だとこういったものがおすすめです。 スキミング対策がされているのがポイント。

スキミング防止 ウエストポーチ
  実際に僕が使っているのはこちらの首掛け型。 コンパクトで軽いのが気に入っています。 首掛けタイプは暑い国だと汗でびっしょりなるので、このようなメッシュタイプがおすすめです。
首下げ スキミング防止 セキュリティポーチ

バッグ

スリ 対策 対策グッズというよりは バッグ自体の選び方なんですが… 実際に僕が実践している選び方が

・ハイブランドは極力避ける ・しっかりとした作りの物を選ぶ

  ハイブランドのバッグを使っていると、お金を持ってる旅行客だと思われることも。 もしあなたがお金を持っていないとしても、相手からすればわかりません。   被害に遭わないために、ハイブランドは控えています。   また、作りの甘い安物カバンだと、ナイフで破られたりする可能性も…。 ある程度作りのしっかりしたバッグを用意できれば良し!

バッグカバー

リュックを使ってる方なら、バッグパックカバーもおすすめです!   撥水加工のものを買えば、雨対策にもなるので便利です。 このタイプのものを使っています。 特にスコールがある国に行くと、いつ雨が降るのか分からないので、重宝します。

ライフスタイルのデイパック用にあつらえられたレインカバーです。街中での突然のゲリラ豪雨もこれがあれば安心です

セキュリティチェーン

スリ対策 スマホ、財布などと、ズボンやカバンに、装着するチェーンはスリ対策にはうってつけ!   切れらたりしない限りは、盗まれませんし、触られると気付きます。   ただ、デメリットは見た目がカッコ悪いんですよね…笑 まあ、盗まれるよりはマシの精神です。 命綱代わりにつけておくと安心です!   チェーンはある程度しっかりしているなら、100均のもので十分です。   ちなみに僕はスマホを防水ケースに入れて使うこともあります。 防犯+防水と一石二鳥なので、おすすめです!

タッチ可 IPX8防水防塵 水中撮影

まとめ。海外ではスリは甘く見ないことが大事

スリの手口や対策、グッズを紹介しました。   スリと強盗は少しイメージ違いませんか? 強盗は無理やり、強行で、襲われて…そんなイメージ。   その反面スリは 知らない間に、油断した隙に、見てない間に そんなイメージ。   僕が実際に旅行中にしているのは「常に注意しておくこと」です 結果、今まででスリの被害はゼロです😌(スリの被害はね…笑)   旅行中は楽しくて浮かれてしまいがちですが、荷物・貴重品には十分しましょう!   快適な旅を!😃