エポスカードは海外旅行に心強い相棒【本音解説】

チェン
こんにちは!
海外情報を発信してます。
チェン(@chen_traveller)です!

 

海外旅行に必須グッズといえば、クレジットカード😃

 

今回は私も使っているエポスカードを紹介!

 

実はクレジットカード界ではなかなか優秀な部類に入るエポスカード

ただ、あまりテレビCMや広告では見かけないので知らない方も多いですよね…

 

 

・エポスカードって?
・メリット・デメリットは?
・海外旅行での強みは?
・実際使ってる人の声が知りたい!

 

こんな悩みを解決できる記事を書きます😌

 

持ってない方やサブカード検討している方は確認してみてください!

 

\今ならネット申し込み限定2,000ポイント/
エポスカード公式ページを見る

エポスカードは海外旅行に最強なのか

エポスカード
エポスカード 海外

結論。最強カードです。

補足すると、年会費無料カードの中では優秀

そして、他のカードと組み合わせることで強さを発揮します。

 

年会費無料!
海外旅行保険が自動付帯
海外旅行保険が充実!
不正使用は全額補償

こういった理由からトラベラーにはとてもおすすめのカード。

年会費無料のカードでは最強クラス。

 

この子は海外旅行でその真価を発揮します。

 

クレカは1枚しかない方、
海外旅行に行く方は必ず持っておきたいカードです。

 

 

次にメリット・デメリットについて順に解説していきます。

エポスカードのメリット5つ

エポスカード 海外旅行

海外旅行に年に3回以上は必ず行く僕が、実際に利用して感じたメリットを5つ紹介します。

 

エポスカードのメリット

海外旅行保険が自動付帯
海外旅行保険が手厚い
不正利用は全額補償
海外でキャッシングが可能
年会費無料

エポスカードメリット①
海外旅行保険が自動付帯

コロナ 海外旅行

エポスカードの強みはなんといっても海外旅行傷害保険が自動付帯なこと。

持っているだけで、保険料も払っていないのに、保険がついてくるんです

 

もちろん他のカードでも海外旅行保険が付帯されているものはごまんとあります

 

例えば、同じく年会費無料で海外旅行保険が付帯している楽天カード。

しかし楽天カードの海外旅行保険は利用付帯

海外に渡航する前に、飛行機代などをクレジットで払っておかないと、保険が付帯されません

これが自動付帯と利用付帯の違いです。

 

万が一現地で病院に行ったり、持ち物が盗まれてしまった時に、

「あなたは楽天カードの保険対象ではありません。」なんて言われた日には…笑

 

なので、エポスカードの自動付帯は旅行好きにとって、ありがたすぎる特典なのです。

 

エポスカードメリット②
海外旅行傷害保険が手厚い

エポスカードは、海外旅行傷害保険が自動付帯にもかかわらず、補償内容も充実しています。

 

補償内容

保険の種類 保険金額
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

 

なんか難しい言葉多いなぁ…
結局どんなこと補償してくれるの?
例えば…
①海外旅行中に屋台で食事!
しかし病気になってしまい、現地の病院に1日入院!→治療を受けるために、実際に払った金額(治療費、入院費など)に対して最高270万円まで保険金を支払い。

②旅行先でスマホ落としてバキバキ!

→スマホの損害額に応じて保険金額の範囲内で、負担分(3,000円)を差し引いた金額を支払い。

 

などなど手厚い補償。

海外旅行好きやバックパッカーからすれば、とても助かる内容。

 

もちろん、この1枚で全てをカバーできるわけではないので、他のカードとの組み合わせがおすすめです🙂

後半で説明します。

エポスカードメリット③
不正利用は全額補償

海外で思わぬところで起こる不正利用

 

チェン
僕は情弱だった頃、現地フリーWi-Fiでホテルを予約し、クレジットカード情報を抜かれて、不正利用されました。泣 アホ…

 

 

他にも、紛失やスリ、スキミングなど、脅威はいろんなところに。

 

驚くことにエポスカードは、不正利用は全額補償という大判振る舞い!

トラブル時、24時間365日対応。

そして所定の手続きをすれば、お届け日を含め61日前にさかのぼり、それ以降の不正使用による損害を全額補償。

 

年会費無料でそこまでしてくれるのか…という感想でした。

海外旅行に行く人のために作られたようなカードです😄

 

スリの多いヨーロッパなどを旅行する際も安心してもっていけますね。

もちろん盗まれないのが1番いいですが。笑

エポスカードメリット④
海外キャッシングが可能

エポスカード キャッシング

海外旅行に行くなら必ず必要なのが現地通貨

エポスカードは海外キャッシングができることも強み

海外キャッシングのメリット

  • 現地通貨をそのまま下ろせる。
  • 両替手数料がいらない
  • 日本円を多く持ち歩かなくて良い
  • 急にお金が必要になっても大丈夫

 

エポスカードなら、VISAとPlusのマークのあるATMなら世界中どこでも現地通貨が下ろせます。

 

バックパッカーをしていた時は、このサービスに何度も助けられました。

数カ国回る時も、その都度現地の通貨が下ろせましたし、大金を持ち歩くこともありませんでした。

ナナプラザでレディボーイにぼったくられた時もこれでなんとか凌ぎました。笑

 

キャッシングが可能なカードがあると、非常時に本当に役立ちます。

エポスカードメリット⑤
年会費無料

ここまで、4つメリットを説明しました。

ここまでできるエポスカードの最大のメリット。

それは年会費無料なことです。

 

手厚くサポートしてくれて年会費無料…

海外旅行保険も持ってるだけで補償対象…

恐るべし。。。

 

年会費も手数料もかからないので、1枚作っておくだけも損無しです😌

エポスカードのデメリットは?

エポスカード

 

僕が実際に使って感じたデメリットを紹介します。

エポスカードのデメリット

①日本国内ではあまり活躍しない
②ポイントが溜まりにくい

エポスカードのデメリット①日本国内ではあまり活躍しない

海外旅行最強カードですが、国内ではあまり使う機会はありませんでした

 

デパートのマルイなどで使う方は恩恵を受けるんですが、僕みたいに近くにマルイがない人はあまり使うことがありません

 

ポイントアップ対象店舗やクレジットカード割引きもあります。

ただ他のクレジットカードで賄えたので、微妙…というのが正直な感想。

エポスカードのデメリット②ポイントが溜まりにくい

エポスカードはポイントが溜まりにくいです。

 

ポイント還元率は、200円で1ポイント。

0.5%の還元率です。

この辺りは楽天カードなんかに比べると劣ってしまいます。

 

なので、僕の中ではエポスカードはサブカードとして使っています

普段の買い物や支払いは他で行い、海外旅行の時に連れて行く使い方。

 

エポスカードは持っているだけでその効果を発揮するカードなので、カードを持っている方もサブカードとして使うのをおすすめします。

旅行でのエポスカードの評判は?

実際にエポスカードを使っている人の声を集めてみました!

良い評判まとめ


 

悪い評判まとめ


 

まとめ。エポスカードはサブ持ちが最強

エポスカード まとめ

エポスカードは海外旅行が好きな方や既にカードを持っている方におすすめなカード。

 

エポスカードでも他のカードでも、1枚だけでは海外旅行保険の補償額が少し心配

また、海外旅行保険はほとんどのカードが利用付帯

なので、2枚目以降のサブカードとして持つのが賢いやり方です!

 

海外旅行に行くなら持っておいて損はない、どころか持ってないと損かもしれません

年会費などの維持費もかからず、特典や補償を受けれるので、持ってない方はこの機会に作ってしまいましょう!

 

最後にもう一度メリット・デメリットをまとめておきます。

エポスカードのメリット

海外旅行保険が自動付帯
②海外旅行保険が手厚い
不正利用は全額補償
海外でキャッシングが可能
年会費無料

エポスカードのデメリット

①日本国内ではあまり活躍しない
②ポイントが溜まりにくい

 

 

\今ならネット申し込み限定2,000ポイント/
エポスカード公式ページを見る

以上、エポスカードの本音レビューでした!

<広告>