【2020/03】タイ・バンコクの様子

チェン
こんにちは!
海外情報を発信してます。
チェン(@chen_traveller)です!

 

3月12日にタイ・バンコクに入国し、現在バンコクに滞在しています。

 

この記事では

コロナの影響はどうなのか
普段と変わりがあるのか
検疫はどんなものか
観光はできるのか
こういった疑問に答えます!
実際に見たタイ・バンコクの現状について共有します。

タイ・バンコクのコロナウイルスに関して

新型コロナ 

3/15時点

タイ保健省は、日本からの入国者に対して行動制限を行っています。

日本からの入国者に対して検疫を強化
・日本から入国した場合、入国後14日間、自宅などで症状の観察をするよう協力要請
・公共機関の利用や人混みには訪れないよう要請

 

現時点で、日本からの入国自体を禁止はしていないので、入国自体は可能です。

 

しかし、14日間の自己観察、観光地にいかない、公共機関を利用しないよう協力要請しています。

 

あくまでも協力を呼びかけているだけですが、この時期に観光はおすすめしません

 

タイの保健省からの発表はこちらを確認ください。

バンコク入国の検疫強化の内容

関空

3/12 関空ーバンコク

ノックエアー(スクート)でタイへ訪れました!

 

関西空港では普段と変わらず出国。

 

ノックエアーのCAさんは全員マスク&ゴム手袋着用でした。

 

機内は人が少なく、ざっと見た感じ、乗車率は半分かそれ以下でした。

 

卒業旅行シーズンということもあり、学生がほとんどでした。

 

ドンムアン空港到着前、機内ではコロナウイルスに関するアナウンスが流れました。

 

ドンムアン空港に着陸

ドンムアンへ着陸後は、普段とは違う場所へ連れて行かれました、

 

シャトルバスを下車し、体温チェック。

 

その後バスに乗り、イミグレへ行きました。

 

入国前にも体温チェックがありました。

 

その後は普段通りでした。

検疫強化らしきものは、体温チェックが2回あっただけでした。

 

恐らくこの体温チェックの際、コロナの恐れがある症状(咳、37.5以上の熱、くしゃみなど)が確認された場合、検査の対象になる場合があります。

 

ちなみに、噂されている監視アプリのインストールなどもありませんでした😌

 

タイのコロナ対策

バンコクのコロナ対策状況について共有します。

自分の目で確認したもののみ記述しますので、これが全てではありません。悪しからず。

バンコクBTS・MRT

駅構内は普段と変わらず。

 

こちらはMRT入り口の様子。

 

除菌ジェルを持ったスタッフが手動で除菌を行っています。

バンコク コロナ

BTSでは改札を通ると荷物チェックがあります。
そこの台の上に除菌スプレーが設置されていました。

 

BTSもMRTも体温チェックなどは特にありませんでした。

バンコクのバス内

ドンムアン空港から市内へ行くことのできるA系統のバス。

タイ コロナ バス

私はA2のバスに乗りましたが、乗降口に除菌ジェルが設置されていました

 

その他の場所

ホテル

場所によるとは思いますが、私が滞在しているホテルは、アルコールジェルが受付に設置されています。

また、従業員も手袋とマスク着用。

チェックイン時、特にコロナに関する質問や宿泊拒否などはありませんでした。

宿泊拒否が心配の方は事前にホテルに問い合わせてください

滞在客は少ないので観光客は減っているんだなあと実感。(恐らく僕だけw)

エムクオーティエ

食糧調達のため、プロンポンのデパートへ行きました。

ここでもコロナ対策がされていました。

2Fエントランス

エントランス前には消毒ゲートが設置。

利用者はここを通り、デパート内へ入ります。

タイ コロナ

 

ゲート通過後、金属探知機を通ります。

そこに消毒ジェルが設置されています。

バンコク コロナ

ちなみに画像奥にいるガードマンは消毒スプレーを持って立っています。

 

トイレ前にもジェルを設置していて、コロナ対策はしっかりとしているようです。

タイ コロナ

 

バンコクの現状まとめ

バンコクの観光客は

行きの飛行機は空席は多かったです。

しかし、少なくとも半分は埋まっていたので、この時期でも観光客は0ではありません。

卒業旅行シーズンなので学生が多かったですね!

 

現在、タイ保健省は、日本からの渡航者に対し、入国後14日間の行動制限を協力要請しています。

ですので、私は観光地や人が多く集まる場所へは訪れていません。
タイ在住の知人いわく、観光客はちらほらといるが、普段のバンコクに比べると、減っているようです。

タイ人のマスク着用率

タイの方は多くの方がマスクをしています。
12日に到着し、現在までマスクしている人はどれくらいなのか
ざっとカウントしました。
※私個人が観察した結果であり、あくまでも目安です。

・カフェ、レストランの店員 90%
・コンビニ、スーパー店員 100%
・屋台の店員10%
・通行人70%
・電車内90%
・バス70%
・日本人在住者30%
・日本人観光客0%
・その他外国観光客10%

 

タイ人はマスクしてないと見かけることもありますが、僕が見る限り普段と比べると、多くのタイ人がマスクをつけています。

タイではマスクは売っているのか

滞在ホテルの近隣の店舗ではマスクは品切れ中でした。

セブンイレブン、マックスバリュー、ローカルスーパー、薬局で確認。

行動制限もあり、あまり多くの店舗には訪れていません。
店や地域によっては売っている可能性はあります。(もし見つけたら教えてください)

 

タイ人の知人いわく、タイでもマスクは品薄状態のようです。

 

以上、タイ・バンコクのリアタイレポでした!
随時更新します。